【花房知佳の月曜Q&A】⑪「メイクセラピーとコーチングやカウンセラーとの違いは?」

ごきげんいかがですか?
ビジョンリアライズ協会です。

ビジョンリアライズメンバーの各分野でのQ&Aコーナー
毎週月曜日は、
Cue.u(キュー・ユー) 代表 /メイクセラピスト
花房 知佳(はなふさ ちか)さんのメイクセラピストがお答えする
メイクと心のQ&Aコーナーです。

Q)メイクセラピーとコーチングやカウンセラーとの違いは?

Q)最近、色んな肩書があるのですが、知佳さんは「メイクセラピスト」というお仕事ですよね?
この「メイクセラピスト」というのは、コーチングやカウンセラーとはどのような違いがあるのですか?

A)メイクというツールを活用し、カウンセリングとコーチングを融合させた女性支援の形です

最近、コーチングやカウンセラーといった職業をよく耳にしますよね。
その違いって何だろう?と疑問に思ってる方も多いのが現状です。

今回はその違いと私の行うメイクセラピーは何が違うかということについてお話していきます。

 

まずはコーチングとカウンセラーについてです。

2つの共通点は、どちらも受けられた方の人生がより良くなるための支援だということです。
クライアントが本来在りたい姿を実現するためにサポートしています。

 

では、違いをみていきましょう。

コーチングの目的は「目標達成」です。

例えば、仕事でもっと成績を上げたい!という目標があった時に、現状を把握し目標を明確にすることで具体的な行動に移していけるようにサポートするのがコーチングです。

 

カウンセリングの目的は「問題解決」です。

心の不安や人間関係においての悩みを解決したい時に、過去と向き合い現状の問題を解決し心を癒すことで未来へ踏みだすサポートをするのがカウンセリングです。

 

メイクセラピーでは心理カウンセリングの手法を用いています。

「なりたい自分」というゴールを心理カウンセリングの手法によって引き出し、そのゴールへ向かってのサポートをしていきます。
カウンセリングで過去の自分と向き合うことで、思い込みや押し込めていた想いを解放します。

また、今のメイク、元々のお顔立ちから印象分析を行い、外見と内面の両方から現状の把握も行います。
そして、「なりたい自分」の姿へ向かって新しいメイクを施すことで、ポジティブな自己表現へとつなげていきます。

 

メイクアップという毎日の行動を変えていくことは習慣が変わることです。
習慣が変わると意識も変わり、目標や夢を叶えるきっかけとなっていくのです。

こういったサポートの仕方から、メイクセラピーは ”メイクというツールを活用し、カウンセリングとコーチングを融合させた女性支援の形” といえます。

 

===================
花房さんへのご質問をお待ちしております!
ご質問はこちらへお願いします!

回答者:花房知佳・プロフィール

花房 知佳(はなふさ ちか)
Cue.u(
キュー・ユー) 代表 /メイクセラピスト

★プロフィール https://vision-real.or.jp/professional/list-bunya/beauty/?id=beauty1
★会員インタビュー【メイクセラピスト・花房知佳さん】はこちら
★ホームページ https://peraichi.com/landing_pages/view/cueu
★ブログ 

★花房さんへのお仕事のご依頼はこちら!

Follow me!