【花房知佳の月曜Q&A】⑭アイラインの引き方、アイライナーの選び方

ごきげんいかがですか?
ビジョンリアライズ協会です。

ビジョンリアライズメンバーの各分野でのQ&Aコーナー
毎週月曜日は、
Cue.u(キュー・ユー) 代表 /メイクセラピスト
花房 知佳(はなふさ ちか)さんのメイクセラピストがお答えする
メイクと心のQ&Aコーナーです。

Q)アイラインをどこに、どの位の太さにしたらいいのか分かりません。

Q)アイライン引くと、パンダ目のようになってしまい、どこに、どの位の太さにしたらいいのか分かりません。

A)使うものや目尻の引き方で印象を変える

 

メイクの中でも苦手な人が多いポイントのひとつにアイラインがあります。
どこに引けばいいのか、どんな太さでひけばいいのか、目尻はどこまで引けばいいのか、それがわからなくて引いてないという声もチラホラ。

しかしながら、アイラインはお顔を引き締めてくれたり、目力アップさせてくれたりと、メイクの幅を広げるためには重要な役割を果たしてくれます。
また、年齢を重ねた方にはアイラインの線というメイクが若々しくイキイキと見せてくれるポイントにもなってくるんです。

 

アイラインの引き方は何通りもあります。

まず、基本の引き方として、まつげの生えているすぐ際や、まつげの間に細く入れるものだと思っていてください。
メイクの中でアイラインが一番目立つという引き方はおすすめしません。

 

使うものによっても印象は変わってきます。

・黒のリキッドアイライナーは一番ハッキリとしていて、シャープで強い印象になりたい時におすすめです。
・ペンシルアイライナーは失敗してもバレづらく、柔らかい印象をつくるのにおすすめです。
・ジェルアイライナーはぼかすこともできるので柔らかい印象に、ぼかさずに強い印象にもすることができます。

 

目尻の引き方によっても印象がかなり変わります。

・目を開けた状態で、下まぶたの淵の延長線上にスッと伸ばして引くと自然な跳ね上げラインが描けます。
 目尻が上がる事で顔を引き締めたリフトアップ効果もありますが、クールで強い印象になります。
・目尻から少し下げて引くと垂れ目な印象にする事ができます。
 目を開けた状態で平行より下がるように目尻を書き足していきます。
 優しく可愛らしい印象を演出できます。
・目を開けた状態で真横に3~5ミリ伸ばすように描くと切れ長な印象になります。
 大人っぽいセクシーな印象にみせてくれます。
 また、奥二重や一重の方にもおすすめな引き方です。

 

このように、使うものや目尻の引き方で印象を変えることができます。

苦手な方には練習も必要になってくるパーツではありますが、メイクの幅をグッと広げてくれる大切なものなので、ぜひメイクに取り入れてみてください。
もっとあなたのなりたい印象をメイクで叶えられるようになりますよ!

===================
花房さんへのご質問をお待ちしております!
ご質問はこちらへお願いします!

回答者:花房知佳・プロフィール

花房 知佳(はなふさ ちか)
Cue.u(
キュー・ユー) 代表 /メイクセラピスト

★プロフィール https://vision-real.or.jp/professional/list-bunya/beauty/?id=beauty1
★会員インタビュー【メイクセラピスト・花房知佳さん】はこちら
★ホームページ https://peraichi.com/landing_pages/view/cueu
★ブログ 

★花房さんへのお仕事のご依頼はこちら!

Follow me!